新着フィード

 

名作RPG列伝/そのタイトルをしらない人間が3日坊主の好奇心で追いかけ回した名作ロールプレイングシリーズの歴史。あの冒険を忘れるな。

 もはやクライマーなアルルの独壇場!

bandicam 2015-12-28 11-54-38-880

「魔導物語 はなまる大幼稚園児」

なんだかだいぶ昔のゲームのところまで掘り進んでいってしまったみたい。

(▽Д▼ ) セガの道を歩いていたらこんなところを発見。

この雰囲気ドコかで見たことが……あーる。

 

 

 

魔導物語ってなに?

bandicam 2014-08-27 06-25-15-759

「魔導物語」

 

「ぷよぷよの元ネタ」

 

あの「ぷよぷよ」の元はなんとRPGだった!!
 
\( ▽Д▽ )/

 

当時「テトリス」が爆発的に流行って、ソコに乗っかりまくったゲームが氾濫。

「どーみのす」というゲームを作ってみたが、全然面白くなかったので、「魔導物語」のスタッフが加わり、

魔導物語のスライム敵キャラ「ぷよ」で造ったら面白かったというヤツ。

 

………。  

 

「どーみのす」は全然おもしろくなかったと……

_〆(▽Д▼@ ) 

 

bandicam 2014-08-27 06-57-47-567

「ぷよぷよ」

まさかこの「ぷよぷよ」がRPG出身だったなんて。初耳。

 

トピック!!

雑誌の付録RPG

bandicam 2014-08-27 04-48-24-890

「ディスクステーション」

「ディスクステーション」なるソフト抱き合わせ雑誌。この付録とされていたゲームソフトの一つという歴史を持つみたい。「ファミ通Web DVD」みたいなのかな

(▽Д▼ )

まあ、 当時のパソコン「MSX2」というので起動させるみたい。そのパソコンで動くのが 「魔導物語 EPISODE II CARBUNCLE」という初タイトルの様子。 ※初タイトルですでに2なのかい?

まあつまり、 当時のPCでやるゲームだったみたい。

 

引き裂かれた権利。

これを開発したのは「コンパイルハート」という会社。 しかし、

「ぷよぷよ」が売れに売れたためにチョーシに乗っていろんなとこに手を出したら、 ヤバくなっちまったという。

そして権利を譲渡するなりした結果、作品とキャラクターの権利がバラバラ状態。

(だいぶ端折っております。毎度のことながら。)

だから昔の魔導物語をプレイするのは困難極まりなし!!

バーチャルコンソールやゲームアーカイブスにない様子。

( ▽ー▼)y-~~

現在コンパイルハートは「ガラパゴスRPG」と称したマニアックゲームを提供中。 わりと元気みたい。

 

売上

大事なのは心だよキミ

( ▼ー▼)y-~~

 

 

歴代タイトル

bandicam 2015-03-07 02-42-33-503

「魔導物語」

とにかく魔導物語だ。

『魔導物語1-2-3 (いっちょうめにばんちさんごう)』

bandicam 2014-08-27 05-53-11-954

『魔導物語1-2-3 (いっちょうめにばんちさんごう)』

90~91年発売PC9801版

これで全部。 

あの付録RPGが好評だったのでまた出したが、1と2と3のエピソードがいきなり全部入っているという。

そうです。 意味がわかりません。
(▽Д▼ )

最初っからこのゲームを1と2と3に分けていたということなのか? まあ第一作目は付録のアレなわけだが。
そして続編の「魔導物語1-2-3」も、その「MSX2」版が先に90年に発売。

「じゃあこれは何?」

ハイ。これは91年に出たPC9801版「魔導物語1-2-3」ということですな。 これもパソコンかな。

さあ、もういいだろ

(▽Д▼ )

 これ以上は誰も得しない!

bandicam 2015-12-28 12-15-26-093

『魔導物語1-2-3 (いっちょうめにばんちさんごう)』

これ「ファジーパラメーター」と言って、文章で表示する のだとか。HPとかダメージとかも全部文章表示という 非常に文学的な作品に仕上がっている。 なんか新しい。いや古いんだけど新しい。うん。こういうものが色々研鑽されて、淘汰されて今のスタイルがあるんだね~。
ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

ゲームギア。

『魔導物語Ⅰ 3つの魔導球』

bandicam 2014-08-27 05-55-09-886

『魔導物語Ⅰ 3つの魔導球』

1993年発売ゲームギア

ゲームギアRPGの最高作。
そんなマニアックジャンルの頂点を極めしもの。

ソレが今作だ。 このエピソード1に相当する部分はいくつかの機体で多展開しているのである。 今回はゲームギアというセガの携帯機が気になったのでこのタイトルをチョイス。

ゲームギアの最高峰RPGか~~。


なんだろそれヽ(*´∀`)ノ

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

魔導物語Ⅰ」のなかまたち

リメイク作
 

 

ゲームギアっ!

『魔導物語Ⅱ ~アルル16才~』

bandicam 2014-08-27 06-02-13-430

『魔導物語Ⅱ ~アルル16才~』

1994年発売ゲームギア

やたらと重いゲームギア。

 もう情報が殆ど無いので、 仕方ないからゲームギア情報をば仕方ないからね。単三電池6本搭載のハイパワー機!!そりゃ重たかろう。重たかろうて。 

ゲームギア 本体 【ゲームギア】

ゲームギア

でも名器というウワサです。この機体はゲームボーイの最大のライバルとしてその名を密かに刻んでいる。 その後タッチスクリーンによる次世代機も企画されたが海外版のみで、中止。 映像美の据え置き機が期待される中で、劣勢の携帯機。

さらにこんなに重くては……

(▽Д▼; )

なんだか”今”と逆の状況やな。今の据え置きは寂しいもんなのに。

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

12月発売!

『魔導物語Ⅲ ~究極女王様~』

bandicam 2014-08-27 07-04-34-228

『魔導物語Ⅲ ~究極女王様~』

1994年発売ゲームギア

「魔導物語1-2-3」のエピソード3とはかなり違った展開のⅢであるという。まあ、このように魔導物語は出る度さまざまな新規エピソードが入るため、

正史と外伝の区別がつかず「それぞれのキャラクターがそれぞれの経験をしている」 的なまとめ方をされるのである。 それでよく社長と揉め出すらしい。

よく社長とモメる魔導物語……と
_〆(▽Д▼ )

社長「オメっ……ソコはあれでこうだろーがー」
社員「うるせーコラぷよぷよの金どこやったー」

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

ちゃんとした機種。

『魔導物語』

bandicam 2014-08-27 05-56-23-303

『魔導物語』

1998年発売セガサターン

セガサターン版!

ここらで決定版としての魔導物語を出しておこうとしてか、
セガサターンにてご登場。

こうなるとなんだかセガサタが超絶名器に感じる。
(▽Д▼@ )
 

この作品は基本的にはオリジナルストーリーであるという。 元は「魔導物語1-2-3」のリメイクのつもりだったが、 会社(コンパイルハート)の経営破綻などにより進まず、 変更に変更を重ねた結果オリジナルになったとかどうとか。で、このシリーズはローグ形式というか、 不思議のダンジョンのようなダンジョン潜り系であったが、 (ウイザードリィ系か?) かなりフツーのRPG形式になったという。

bandicam 2015-12-28 13-21-09-018

『魔導物語』

基本は「ぷよぷよ」の世界観が逆輸入されているらしい。やっぱりぷよぷよを使わない手は無しという具合に。
ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー
メモリーズ
これ、いとこの女子が持っていたな~
(▽Д▼ )

RPGとか薦めてたら、なんかこれ買ってたんだ。セガサタと一緒に。その時に繰り広げられていた伯母さんとトイザらス店員との、「メモリーカードってなんですか?」 戦争が今も焼き付いている……。

 ……この娘ネオジオポケット持ってたり、
なんかおかしな娘だったな
┐(´∀`)┌

何やってたんだろw

絶対音感持っているくせにこっちは音痴だったか。
┐(´∀`;)┌
いや……実は……こっちの路線こそ……。

 

にしても身近にセガサタがあったことを思い出してしまった。
そんな身近でもないけど。

 

きっとあまりのショックに当時のキオクを封印していたのだろうな。
(▽Д▼; )

 

セガサターンに対するあまりのショックのあまり。

 

『魔導物語 道草異聞』

bandicam 2014-08-27 21-08-19-782

『魔導物語 道草異聞』

94年発売。ぷよぷよとうまいこと繋げたい。なぜ「ぷよぷよが4個くっつくと消えるのか」を説明してくれるらしい。そんな魔導物語とぷよぷよをつなげるためのゲームであるとか。 なんとしてもぷよぷよを取り込みたかったのか! いやぷよぷよをさらに盛り上げたかったのか!じゃあなぜフロッピーで出した!!PC98用で出した!! やれないじゃないか! !そんな外伝もよく出ているこのシリーズ。

 

そしてなんと新作の登場!!

 

権利をかき集めて新作か。 

『聖魔導物語』

bandicam 2014-08-27 07-05-24-649

『聖魔導物語』

2013年発売PSヴィータ

ココに来てあの魔導物語の続編が!!?? そんなセンセーショナルな出来事であったという今作。 バラバラになった権利をかき集めていざ製作!

そんな感じかね(▽Д▼ )

ドラゴンボールじゃないんだから。




萌えなのかなんなのか。
今のコンパイルハートはこんな感じのを量産している。
ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

名キャラ列伝

アルル・ナジャ

bandicam 2014-08-27 23-50-32-861

PCエンジン魔導物語1

天真爛漫な故に敵に容赦なし!!

 
bandicam 2015-03-07 02-39-57-595

「魔導物語シリーズより」

この冷たい目。
 
もはや片付けるという思考。
 
bandicam 2015-03-07 02-42-09-822

「魔導物語シリーズより」

ほとんどボロボロな敵に対してこのポーズで挑発。
 
そんなキャラクター、アルルで持ってシリーズの人気はあると言っていいでしょう。 試験で塔を登らされ過ぎたためか、遺跡探検に目覚めてしまっている。
 
そんな見習い魔導師。
bandicam 2014-08-27 22-52-01-770

「魔導物語シリーズより」

リアクションも豊かだ!
bandicam 2015-12-28 13-45-04-955

ぷよぷよテトリス

 最近のぷよぷよでのアルル。
 
なんかアルルって、魔方陣グルグルのククリを思い出す。
 
 

カーバンクル

bandicam 2015-12-28 13-45-27-092

ぷよぷよテトリス

 ウサギの耳のような2つの突起がある黄色い生き物。
ということですはい。 アルルは変なの飼っているんだね。
 

すけとうだら

bandicam 2014-08-27 23-53-35-170

「魔導物語シリーズより」

  これ最初は「すけとうたら」だったんだってさ。
あとから「すけとうだら」になったんだって。
 
 
・・・・・・・・・・・・
 
……
 
(▽Д▼ )
 
明日ヒゲでも剃ろうかな~?ねえ?  
 
もうヒュー・ジャックマン並のナイスガイ化してんだよね~。
 
 

まとめ

bandicam 2015-03-07 02-36-10-427

「魔導物語」

 

こんな元ネタより有名になる派生作品ってわりと聞くね。

「魔法少女リリカルなのは」というのも元は18禁ゲームからだとか。

オレはどっちもしらんけども

(▽Д▼@ )

 

魔導物語をみるとまあ男の児はそんないやりたくならないだろうな~とは思う。やったっていいんだけど。 いとこが買った時も「ああ、そんな感じのやつやるのか~。」とおもったっけ。

女子が主人公のRPG系統というとアトリエシリーズか。今現在も最新作が毎年でている。 派生のマナシリーズくらいしかやったこと無い。やっぱり女子が主人公だと色々キツイっす。いろいろと。

 

でも、 全人口の5割は女子なのに、なぜ女子が主人公のゲームが少ないのか? 「女子はゲームやらないからじゃん。」 じゃあなぜ女子はゲームやらないのか? ナゼ?

 

ポケモンはやるよね。割りと。イナズマイレブン、ダンボール戦機は違ったが、妖怪ウォッチは両性にヒッツした様子。

………デザイン?

身近なお話?

少年漫画はバトルメイン(だった)。

少女漫画は恋愛メイン。

かといって乙女ゲーと呼ばれる恋愛ゲームがそう売れるわけではない。

 

大河ドラマも男メインで、
逆に韓流史劇は女性がハマる。

 

女性が出世していく物語だからか。

ウチの女系は大河は観ないのに韓流史劇だけハマっとるし。

プリキュアとかセーラームーンはバトルがいいらしいし。

 

近代アトリエシリーズなんて女子にバカウケしてそうなのにしないジャン。

 

なぜだーーーーーー

m(▼皿▼m )カタカタカタ

計算が合わないィィいいいいい!!!!

 

女子はわからんね。

まあいいか薦めればわりとやるし。

 

参照・ウィキペディア&アマゾンレビュー 
 
 
 

この冒険録を広めよう!「妙な語り口で広められた」って広めよう!

 

 

-90'RPG黄金の時代, 日本のRPG草創期
-,

フライングニートマン・どらくも

書いたヒト:

ゲームをプレイしないことで有名なゲームライター。1988年生まれでドラクエ6及びFF7の両翼に導かれた世代。最もプレイしたRPG3選といえば「テイルズ」「ドラクエ」「幻水」。ただ「RPGの歴史を追ったもの」とだけ今は記しておこう……。

※別サイトでメンゴ

日のアクセス数4のころに挑戦してみたらOKだったサイト様
【ヘタレハンター乙ブログ】

主張論に最初のお世辞をいただいた優しいサイト様
【リド・カインの自作ゲーム日記】

これ以上正々堂々としたレビューサイトを私は知らない
【主観的ゲームレビュー】