新着フィード

 

名作RPG列伝/そのタイトルをしらない人間が3日坊主の好奇心で追いかけ回した名作ロールプレイングシリーズの歴史。あの冒険を忘れるな。

プレステRPGを一躍頂点へ。その名は勇躍の「アークザラッド」

bandicam 2015-03-03 20-41-00-024

「アークザラッドⅡ」

ハイ。

(▽Д▼ )

ジャン!アーク。

今回から”日本のRPG黄金の飛翔期列伝”に入っていく。まあ、明確な規定はないのだが。気分的に。

この飛翔期とは大体90年台前中盤に生まれたシリーズ達を扱おうかと思うような思わないような。

やはり明確な規定はない。よく解らない。春秋戦国時代を春秋と戦国に分ける意味があまりないのと一緒で。

晋の分裂によってわざわざ戦国に分けるのだが。

(▽Д▼ )

それはいいか。

ぜんぜん違う話を記すところだった。

あー戦国策を読み返したくなって来たわー。

「この卑賤なる身は! 貴方がコレまでどれほど寛大にしてくださっていたのかを! 遂には知りませんでした!!」

そんな廉頗の素直さが好き。
(▽Д▼ )

伊達政宗もコレのマネをしたんだったね。死に装束で詫びに行くという。 まあそれはいいか。

 

しかし、

この時期はやはり、

RPG絶頂の時代といえるのではないか?

 

ドラクエが創り、スクウェア帝国や大エニックスが飛ばしたがゆえに、 その後続々と産まれる日本のRPGの伝説たち。

「そのハードが売れるかどうかは、良いRPGが出てくれるかどうか」

とさえ云われるのであるから。

 

ソレが今じゃ……

(▽Д▼ ) 

 

まあいいか。 とにかく飛翔期とはそういう時期だ。 もちろん創初期のレジェンドたちの続編がどんどん出ていく時期でもあるのだから 大変な黄金期だと言わざるをえない。 みんながあの頃はドラゴンやら魔王を倒すのに必死で、精霊やら洞窟やらを探しまくっていた。 そんな時期。 いいんだか、アホなんだか。

そんな灼熱の時代。

と、いきなり長いが、

その中で、いやその風となった寵児こそ、

そう。

『プレイステーション』という名の神の子であった。

プレイステーションSCPH-7000本体 PS

『プレイステーション』SCE

生まれながらに聖なる力を宿し、日本のRPGを2つに分けたスーファミvsソレ以外のハードの闘争にピリオドを打ったPSという名の聖王。

 

同じ時期に生まれた怪物セガサターンをも撃破し、

時代の頂点へ一気に駆け上がった。

 

そのソニーがうちはなった3大タイトル。

プレイステーションの剣となった通称3大天。

その一角を担うものこそ

『アークザラッド』である

_〆(▽Д▼ )

 

アークザラッドってなに?

bandicam 2015-03-03 20-37-34-430

「アークザラッドⅡ」

 

「プレステのRPG隊切り込み隊長」

 

そんな感じだと思う。

ウチのプレステはたしかロックマン8と一緒に運ばれてきたな

(▽Д▼ )

兄貴が店の手伝いで貯めた小遣いによって家に運ばれてきたもんだよ。

この聖匣はさ。

そんなプレステの尖兵となり、
いきなり100万本を切り上げた剛剣の名こそアークザラッドである。

(たぶん)

シミュレーションRPG形式、つまり「戦闘だけマス移動バトル」によっていくというスタイルだ。

おいおい~。

おいおい~┐(´∀`)┌

「感動した。格好悪いくらい。」

・・・・・。

おいおい~┐(T∀T )┌

 

トピック!

「光と音のRPG」

これはエフェクトやBGMや効果音にこだわったということらしい。こういうものって軽視されがちだけれど、 映像演出が今ほどではない中では相当の、 いわゆる説得力をもつだろうね。 やっぱり反応としてエフェクトかかったり、音で盛り上げられたりというのは、いいモノですはい。 そのアークザラッドの音楽を生み出しているのは安藤まさひろさんであるという。やっぱり多くおられるのだな。 すぎやまこういち聖や植松さんや聖剣の人以外にも……。そらいるか。

と音のRPG……そんなRPGだったとは

(▽Д▼ )

コンバートの鬼

はい。このシリーズはとにかくデータコンバートに命を燃やすゲーム魂をもつ。1から2へのコンバートは、完全に計算されていたため、1のベスト版は、2が発売する時期に50万近く売りアガるというロングヒットに。 通常版が100万本いっているのにである。

コンバートって大好き

(▽Д▼ )

やりがいあるじゃん。

 

売上

アークザラッド 111万本 ベスト版49万本 95年発売

アークザラッドⅡ 106万本 96年発売
(アークザラッドモンスターゲームwithカジノゲーム 97年発売)

アークザラッドⅢ 99年発売
アークザラッド機神復活 02年発売
アークザラッド 精霊の黄昏 03年発売
アークザラッドジェネレーション 04年発売

売れたね……(▽Д▼ )
新規RPGが……今じゃ考えられない。

参照・ウィキペディア

 

歴代タイトル

新しき御世を築かん。

『アークザラッド』

アーク ザ ラッド

『アークザラッド』

1995年発売プレイステーション

のRPG」

2連作の第一弾

(▽Д▼ )

コイツは2へのコンバート前提で作られているというらしい。 そしてやりこみ要素のダンジョンが鬼仕様だとか。 ソレがアークザラッドのタレント。

そして掲げられた旗は「のRPG」

エフェクトや効果音などの演出力を高く目指したのだという。 映像ではなくて。 そしてソレは高い評価を得ている。 しかし、なぜかあまり良い話を聞かないな。 もっとこう「想い出の」的なお話が、昔のゲームでは聞けるというのに、

エラソーに評価ばかり付けられとる

(▽Д▼ )(おまえもな)

お話は王道、そしてなんといってもSRPGスタイルのバトル。マス移動で闘うというねたしかにそんな記憶ある。1はやっていないけれど。

bandicam 2014-08-06 04-40-42-441

「アークザラッド」


なんかシンプルでいいじゃないの。画も。

とにかくこのアーク1は、
後のレジェンドをプレイするためにやっておきたい初代なのだと。

コンバートがあっから。データの引き継ぎがあっから。 ほんとコレは続編なら当たり前だったよな~多分~。 オレなんか幻水が出るたびに1からやり直したもんだぜ~。 今のゲームでコンバートってあまり聞かないような。どうだろ。 モンハンとかのみ? まあ、そうなったのならそうなったで何か理由があるのだろうが。 今には今のさ。

bandicam 2014-08-06 04-36-39-817

「アークザラッド」

ザ・主人公なアークの見た目。

コイツがプレステの鉄砲玉だったというわけだな。

音楽も素敵らしいとか。

ファミコン系やPCエンジン系やらを統合してしまったプレステだけあって、 声優さんやらをうまいこと演出している点もグッドらしい。

こうして、

日本のRPGの表現力は次第に大きな力となっていくのか

(▽Д▼ )

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

黄金期を抱いて翔べ。

『アークザラッドⅡ』

アーク ザ ラッド2

『アークザラッドⅡ』

1996年発売プレイステーション

SRPG最高峰の一つ。

アークと言ったら2。ザラッドと言ったら2。そうではなかろうか。(人による) さあ、みんなお得意のあの殺し文句、

bandicam 2015-03-03 20-38-48-553

『アークザラッドⅡ』

「これは史上最高のRPGです」

頂きましたm(_ _)m

コイツはアークザラッド1の序章を継いで、 一大巨編ストーリーを展開。 JRPGの真骨頂を見せつけた。 それでいながら、 さまざまなやりこみ要素を搭載して、プレイヤーに行動の幅を与えたのだった。 今では伝統となってしまったが、 装備合成やらクエストやら、モンスター仲間にするシステムやらをふんだんに使い、 そして1からのコンバートもあるという憎たらしいまでな完璧な計算式。 そしてアニメ漫画も展開して抜け目がなかったのである。

bandicam 2015-03-03 20-34-07-548

『アークザラッドⅡ』

ハンター設定とかわかりやすくていいわ。 ストーリーも真剣系であり、この手のゲームばかりやって来た我々は、 「世界はこんなに闇に満ちているけれども勇者が倒す」ということを擦り込まれていくのだった。
bandicam 2014-08-06 05-52-04-134

『アークザラッドⅡ』

モンスターも仲間にできるから編成が楽しすぎる。
ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

「アークザラッドⅡ」のなかまたち

スピンオフ?
漫画
メモリーズ
コレはハマったわー。めっさ。 店の手伝いに出て、帰ってコレをやるのが楽しみだったキオクが強く残っている。 またあのFFパターンだけれどな。 まあこのときは自分のデータで兄貴と分けて、しっかりと自分のパーチーつくってたから。 (FF7の後に自分たちはプレイしたのだろう) ガンガンの漫画も家にあったな。炎のエルク( ̄ー+ ̄)キラリ

 

面白いかは自分が決めろ。

『アークザラッドⅢ』

アーク ザ ラッド3

『アークザラッドⅢ』

1999年発売プレイステーション

やはり苦戦を強いられた。
「こんなのアークじゃないヤイ!」

やはり苦境に立たされるⅢ。といったトコロ。 やっぱりⅢあたりでね、 2などで一つの絶頂を迎えるシリーズは、 3で新しい試みに挑戦したいのだが、 そこを、叩かれる。 という定理。 そういう声多数。

しっかし見た感じは今までのアークっぽいよね。

これ買うときはドッキドキのワックワクだったろなー。
「アークの新作だ!!」 とか。

bandicam 2015-03-03 20-43-37-564

『アークザラッドⅢ』

グラフィックの雰囲気は良さそうだけどな~ 十分面白そう。しかし、 とにかく前作がデカすぎて、期待値が高すぎてしまうという現象。 天才の跡目を継いだ重圧のために。 家臣の前では笑顔を見せることはなく眉間にしわを寄せていた上杉景勝がごとく。

アークザラッドはⅡで完結しているはずであったが、 ヒットしまくりであったために、急遽企画されたのだという。

まあ、よくあるねそう言うの。FFもそうだったしね。

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

ファンへ。

『アークザラッド機神復活』

アークザラッド 機神復活 WSC 【ワンダースワン】

『アークザラッド機神復活』

2002年発売ワンダースワン

ファンのための献上品?

バンダイの任天堂への挑戦。ワンダースワンという携帯ハードに投入された作品だとか。 プレステの治世によって弱ったかに見えた任天堂へ、業界の雄バンダイが襲いかかったという格好。 それがワンダースワン。そしてワンダースワンカラー、クリスタルスワンと立て続けにくりだされ、 ひっそりと居なくなったワンダースワンという脅威。

ワンダースワンカラー クリスタルブルー 【ワンダースワン】

スワンクリスタル ブルーバイオレット 【ワンダースワン】

↑脅威たち 

※ハロボッツというゲームがやりたくてスワン買ったな~
(▽Д▼ :) 地域振興券はワンダースワンになった!

んでこの作品はファンでなければ理解できないものが多すぎるというもの。 まあ、ファン向けに作られた”再開”ゲームみたいなものらしい。 でも基本システムなどはシリーズと違いはないらしい…多分。

bandicam 2014-08-06 19-51-20-927

『アークザラッド機神復活』

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

怪物娘というジャンル。

『アークザラッド 精霊の黄昏』

アークザラッド 精霊の黄昏(通常版)

『アークザラッド 精霊の黄昏』

2003年発売プレイステーション2

ある意味アークらしいストーリー。

さあ、プレステ2からのご登場となった。 システム面やら3Dグラフィックに関しては確かに脆い。 非常に脆い(なにが) だがストーリー面では支持を受ける作品となる。

アークザラッド3から1000年後が舞台と、
アークシリーズはかなりつながりを重視していくようだ。

そして、 「人」と「魔族」の共存をテーマに正義を問いかける。

ただその分、つまり世界観を設定した分、 ユーザーフレンドリーが破壊される事態に。 まあ、いろいろ世界観に合したシステム等が、 まだ完成度が低いためか、受け入れられない。 でもこういう「表現したいこと」 から新しいシステムって産まれると思う。 だからいいと思うの。

ロマンシングローマに物々交換があっても(▽Д▼ )
うん。(1で終わりだけどあのシステム)

まあとにかくストーリーの方向性は受け入れられたのでしょう。

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

メモリーズ
これは09年の灼熱のロンゲストマーチ中に撃破したゲームの一つだったな。 魔族のダーク編はかなり、その他のJRPGのようなリア充感がなくて、 前衛的であったのを覚えている。 ヒロインが怖すぎた点とか攻めすぎなゲームであった。 でもこういう踏み込んだ表現ってすごいよ。

 

「アーク」

『アークザラッドジェネレーション』

Arc The Lad GENERATION

『アークザラッドジェネレーション』

2004年発売?運営?プレイステーション2

オンライン対応!

とにもかくにこの時期はわりとオンラインへ乗り出し始めていたね。 そして3Dの練習が盛んに行われていた。 ソレが今の高いクオリティの3Dを生み出していくのだろうか……(▽Д▼ ) そんなことしか言えねえ。 サービスは1年も立たずに終了してしまった、 かつての伝説的日本のRPG、 アークザラッドのラストサン(息子)。

アークザラッドはココで終えてしまうのだった。

それにしても一応過去作との互換性があり、 データコンバートやら、 世界観を共有しているなど、その点だけは貫かれた。

これが、最後のアークだ。

ストーリー
イメージ動画
アマゾンレビュー

 

ハイ\( ▽Д▽ )/

最後の方は矢継ぎ早やに繰り出していったアークザラッドであった。

”戦死”であったとお見受けします。

m(_ _)m

 

名キャラ列伝

アーク・エダ・リコルヌ

bandicam 2014-08-06 21-31-39-468

『アークザラッド』

言うまでもなく、この壮大な戦いを始めた人物。

ザ アーク ザ ラッド

15歳で始めたときは血気盛んで悪態をつくなどの若さを見せるが、見事16歳にして最高峰のリーダーとなる。とても理知的になるのだとか。

1年でこの成長っぷりはさすが勇者といったトコロ。

2では結局主人公の座に返り咲くということらしい。

勇者って人種は美味しいところは全部持っていく。

bandicam 2015-03-03 20-55-07-612

『アークザラッド』

そういえば2やってた時に「1の主人公が出ている」ということだけは理解していたな。そんな設定に燃えていたな。 

 

エルク

bandicam 2014-08-06 21-33-41-684 ”炎のエルク”その人である。

3や機神復活などにもご出演し、若干21歳でレジェンドハンター、ハンターを超えたハンター。 などの伝説の人となる。

bandicam 2015-03-03 20-39-20-272

『アークザラッドⅡ』

炎を扱えるのだねエルクは。

なんでやねん。

純粋に。

エクスプロージョンといえばエルク。

 

リーザ

bandicam 2014-08-06 21-35-44-414 魔物マスター。

そんなゲーム業界の都合を背負わされたのはこの娘。

すきあらばモンスターを仲間にする路線を模索するゲーム業界のサダメを背負ったのだった。

この娘がいるおかげでモンスターを仲間に出来るぞ!

天然毒舌キャラなのだとか。

あとは上半身の露出が高過ぎるのだとか。

bandicam 2015-12-24 13-36-39-128

『アークザラッドⅡ』

正直、もう何も覚えていない
(▽Д▼ )

シュウ、ポコ、トッシュ

bandicam 2015-12-24 13-31-00-968

『アークザラッド』

bandicam 2015-12-24 13-37-56-179

『アークザラッドⅡ』

bandicam 2015-12-24 13-35-25-347

『アークザラッドⅡ』

いい脇役たち。

シリーズを通して出場してくる名脇役たち。

ポコとか覚えてるわ~

(▽Д▼ )

なんか楽器で補助するんだったね~。

トッシュとかも和風な任侠キャラで強かった。

学校でコイツの服装のマネとかしてたな。

肩にジャンパー羽織る感じで。

シュウはあれだね。

忍者だね。

銃持った忍者。

………銃もったニンジャ? 

 

ダーク

bandicam 2015-12-24 13-28-29-165

『アークザラッド 精霊の黄昏』

コイツカッコイイ(▽Д▼ ) 03年発売だから、14,5の時かな最初ファミ通で見たのは。そのときは、「あ、かっけええ~~」とか思っていた。2人主人公制の1人。魔族の主人公。最初はいろいろ奴隷的な扱いから、魔族のトップへ向かうシナリオ展開はポテンシャルを感じさせてくれる。 ヒロイン顔怖すぎ。よく企画通ったな(笑)慣れてきちまうんだけど。 

 

ちょこ

bandicam 2015-12-24 13-33-52-279

『アークザラッドⅡ』

アークザラッド最強キャラ。

隠しキャラ。

それがちょこだとか。

bandicam 2015-12-24 13-34-08-266

『アークザラッドⅡ』

ぜんぜ覚えてない。こんな娘いたのか。

隠しキャラとかずっと隠されたままだったのかねオレは。コレはコレでいいけれどね。どうなんだろうか。隠しキャラってのはもっといい感じのやつのがよくない?

ネタキャラってなんか許せないよね!

この娘はどうやって出すの!!??

許さんぞーーー!!!

(▽Д▼ )

 

まとめ

『アークザラッド』

あ、コレもシミュレーションRPGだったんだな~

(▽Д▼ )

とおもいだした。

 

SRPGといえばファイアーエムブレムなエムブレマーな私だけに。

 

そしてやはり「声」が出てくるね。

この頃になると。

 

PCエンジンが模索したもう一つの道が、

プレイステーションになって完全な形へと具現していく。

大容量のCDロムの力。

多くのゲームデザイナーたちの欲求を駆り立て、

遂にはFFチームも惹きつけた。

ソレを具現化してみせた名作の一つがアークザラッドであったのか。

たぶん。

そういうことにしてくれるととてもありがたいです。

そうしなければすべてがアホなことになります。

よろしくお願いします。

歴史にドラマを!!

 

でも、 しっかりと自分は、

日本のRPGの伝説たちに遊んでもらっていたんだな~と。

すこし誇らしげなキモチになりました。

なのでよかったです。

 

むらくも_〆(▽Д▼@ )

 

さあ、

まだまだだ!

アークは一角。

次のタイトルもやはりシミュレーションRPGスタイルなのだった!!

あの胸が締め付けられるような優しくて強いRPGを追おう。

この冒険録を広めよう!「妙な語り口で広められた」って広めよう!

-90'RPG黄金の時代
-, ,

フライングニートマン・どらくも

書いたヒト:

ゲームをプレイしないことで有名なゲームライター。1988年生まれでドラクエ6及びFF7の両翼に導かれた世代。最もプレイしたRPG3選といえば「テイルズ」「ドラクエ」「幻水」。ただ「RPGの歴史を追ったもの」とだけ今は記しておこう……。

※別サイトでメンゴ

日のアクセス数4のころに挑戦してみたらOKだったサイト様
【ヘタレハンター乙ブログ】

主張論に最初のお世辞をいただいた優しいサイト様
【リド・カインの自作ゲーム日記】

これ以上正々堂々としたレビューサイトを私は知らない
【主観的ゲームレビュー】