新着フィード

 

名作RPG列伝/そのタイトルをしらない人間が3日坊主の好奇心で追いかけ回した名作ロールプレイングゲームシリーズの歴史。あの冒険を忘れるな。

プライドとカネの“火花”が咲いた

「英雄伝説6 空の軌跡」

 

これにてファルコム諸島を脱出します。

 

RPGのゲームとしての起源を追いかけ回し、

「ロープレ三大始祖」に相まみえ、

あるいは「ロープレ御三家」「三大ロープレ」にも挨拶した。

「国産三大RPG(初代)」なんて言うものもあった。

 

もううんざりだ。

 

さっさと現代へ還ろう。

 

0から1000までの軌跡を辿って。

 

 

 

「英雄伝説」って何?

「英雄伝説6 空の軌跡」

 

「ほぼ軌跡シリーズ。」

 

じゃあ「軌跡シリーズって何?」つってね。

 

「ストーリーRPG」

 

つってね。

参考・「英雄伝説シリーズ」Wikipedia

参考・「ドラゴンスレイヤー&英雄伝説シリーズ」ゲームカタログ@Wiki さま

 

名作トピック(ほぼ軌跡シリーズ)

早くストーリーを進めてほしい(ファン談)

オンライン版などを打ち出しても怒られるだけ。

※オンライン版…暁の軌跡

 

そんなことをしていると怒られてさっさとストーリーを進めていってほしいと言われるわけ。

 

それほどに「ストーリーが良く出来ているRPG」であり、むしろ「小説を読むようにプレイするRPG」であることが売りになっているみたい。

 

繋がった世界観!

 

繋がったシナリオ!

 

ゲーム内のすべてが「3年間」に凝縮しているらしい!

全て軌跡シリーズのこと。

 

売上

(*´∀`*)

もういいや売上なんて。

ないもんはとことんないし、

あったらあったで多すぎるし。

参照「Wikipedia」

 

 

 

歴代タイトル

 

英雄伝説シリーズと軌跡シリーズ
それまでの国産RPGを先導してきたファルコムが、「ドラクエフィーバーに当てられて生み出したようなタイトル」ではないかな。だがそれがファルコムブランドにおける「アクションRPGのイース」のいない間に送り出された「もう一つの看板タイトル」になっていったのだった。
「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」
「ドラゴンスレイヤー英雄伝説2」
「英雄伝説3/白き魔女」
「英雄伝説4/朱紅い雫」
「英雄伝説5/海の檻歌」
「空の軌跡-英雄伝説6」
「零と碧の軌跡-英雄伝説7」
「閃の軌跡-英雄伝説8」
「その他スペシャルコンテンツ」

 

大きく分けるとその島々は3つに大別されている。

 

イセルハーサ編

参考・「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」Wikipedia

 

1作目!どっちなんだよ。

ドラゴンスレイヤー英雄伝説

PC-88「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」

1989年発売 PC

ゲーム情報

ストーリー/お城が魔物に攻められて…実は?

 

ファーレーン王国の首都が魔物たちに襲撃を受けた。

 

まだ若い王子セリノスはなんとか生き延びて王位継承の日まで雌伏のときを過ごすことになる。

 

日は流れ、

 

雪辱期するにもう少しとなった日、

身を寄せる街にすらモンスターの襲撃が襲いかかるのだった。

そしてそこには衝撃の裏切りが待ち構えていたのである……!!!!

お城が魔物に攻められて奪還を目指す「貴種流離譚」である普通のRPGとは、「少しひねった感」が、後につづくファルコムブランドの良作評価を物語っているのやも。

名作っぷり世評

「#イセルハーサの名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「イセルハーサの世論」

 

異例のコマンドバトル!というかドラクエ化!

ドラクエ化を果たした、

かつての国産RPG絶対王者ファルコムの“アクションRPG”ドラスレシリーズ。

 

英雄ドラゴンクエストの登場によってRPG市場がひっくり返った1980年代後期。

 

PCゲーム史上最大の売上を記録する「ザナドゥ」が40万本の大記録。

ドラクエは150万本を記録。

 

2作目となると240万本。3作目は未曾有の行列とともに400万本に迫る勢いだった。

 

文字通り、

「ドラクエ以後」ではRPG市場のケタが変わってしまっていた。

 

 

「……フィールドマップとコマンドバトルでいくか。」

 

 

ドラスレシリーズとて、

その誘惑には抗えきれなかったのだろう。

 

2作目!やっぱりどっちなんだよ。

ドラゴンスレイヤー 英雄伝説Ⅱ

1992年発売 PC

ゲーム情報

ストーリー/ここまでドラゴンが好かれる媒体もないのがゲーム。

 

遂に王国を奪還した王子。

 

王位を継承した元王子は「この世はチカラだ」という自身の経験からだろうか、生まれた子供に「アトラス」という力強い名を授けて次代に託した。

 

そしてやはり問題は引き起こるもので、

イセルハーサ世界中で「竜の卵」が孵り、大変なドラゴンハザード時代へと突入してしまうのだった。

 

 

ドラスレの7作目なのか、

英雄伝説の2作目なのか。

もうっ

 

 

ガガーブトリロジー編

参考・「英雄伝説 ガガーブトリロジー」Wikipedia

参考・「ガガーブトリロジー」公式サイト?

 

3作目!

英雄伝説III 白き魔女

PC98版「英雄伝説Ⅲ 白き魔女」

1994年発売 PC

ゲーム情報

「白き魔女」の仲間たち

英雄伝説ガガーブトリロジー 白き魔女

2004年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

何故か携帯機に並々ならない執念を燃やすファルコム。自身が先導したPC市場がメインストリームから外れたことにご立腹なのか、取って代わった家庭用ゲーム機ではない世界の進出を目指していたようだ。

ストーリー/世界の亀裂ガガープ

 

世界を真っ二つにするかのような大地の亀裂“ガガープ”

 

さらにはそれを横断する山脈“大蛇の背骨”によって世界は分断され、独自の歴史を歩んできた。

 

しかし世界はいつしか一つになる。

 

互いに違う道を歩んできていても、いつか何処かで交わるヒトビトのように、それは突然やってくる。

 

のか?

 

名作っぷり世評

「#英雄伝説ガガーブトリロジーの名作っぷり」でツイートしてもいいよ

クリックで開かれる内容

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 白き魔女の世論」

 

シナリオ推し。

さすが、

「単なる海外の流行りものを輸入しただけではなくて、国産RPGとして昇華させたファルコム」である。

 

ドラクエ化の波が押し寄せるのならば、

「飲み込まれるのではなく、乗りこなしてやれ」とばかりにこの路線を継続。

 

「このドラクエテンプレは、やがてこうなる。」

 

「JRPG」の未来をしっかり掴み取って、「ゲーム性よりもシナリオで引き寄せる」路線を乗り進んだのだった。

 

自らのお家芸であるアクションRPGは「ys(イース)」でやるし。

 

4作目!

英雄伝説IV 朱紅い雫

「英雄伝説IV 朱紅い雫」

1996年発売 PC

ゲーム情報

「朱紅い雫」の仲間たち

英雄伝説ガガーブトリロジー 朱紅い雫

2005年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

海外の実況主さんに頼らざるをえない動画資料。「00年代というこの綺羅びやかな映像時代の携帯機路線」ではプライヤーの確保は厳しかったようだ。

ストーリー/ザ・ワールド

 

海の冒険者である渡り鳥ですら方向感覚を失うといわれる“霧の海”

乱気流と暴風雨が荒れ荒ぶる“混沌の渦”

いまだ人類未踏峰を誇る“レギオン山脈”

そして“ガガープ”

 

僕たちは“大自然の赦し”を貰ってわずかばかりな住処を与えてもらっているだけなのかもしれない。

別にそういうシナリオではないかもしれない。

名作っぷり世評

「#英雄伝説ガガーブトリロジーの名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 朱紅い雫の世論」

 

プレイ済み。

「ガガープ三部作」ということで、いや、ということだから、それほどシステム上の違いなどはないだろうから我がメモリーの表明のみ。

 

このゲームはPSP版だけプレイしたね。

 

システムは本当に簡素な古典RPGスタイル。後はシナリオとの兼ね合いでうまいこと進んでいく。それはどっちもが変に暴走し過ぎないちょうど良さ。

 

ゴチャゴチャしてわかりづらくなって「で?なんだって?」がなく、

「こっちいってあっていってイベント見てさあこれを見て!」みたいな指示厨でもなく、

 

二人三脚で寄り添いながら進めていける「優しいRPG」だったぜ。

 

5作目!

英雄伝説V 海の檻歌

「英雄伝説V 海の檻歌」

1999年発売PC/Windows

ゲーム情報

「海の檻歌」の仲間たち

英雄伝説ガガーブトリロジー 海の檻歌

2006年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

海外ヘルプは続く。今日ではスマホなどの普及で美麗大作ばかりがモテハヤサれないが、この時代は「映像の時代」だったか。そんな社会情勢的な時代だったか。さしずめ「2回めの映像の世紀」だったか。

ストーリー/あまり使われない大自然。

 

偉大なる作曲家レオーネが完成させた秘曲を巡り、マクベイン一座の三人が旅に出る。

ガガープがどうなるかなど知ったこっちゃなしに音楽のストーリーで完結に向かう!!!!

名作っぷり世評

「#英雄伝説ガガーブトリロジーの名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 海の檻歌の世論」

 

これもやった。

楽器で奏でるRPG的なジャンル。

ソロ、ハーモニー、アンサンブル…

よく「三位一体のハーモニー!」みたいな表記を見るけど、「それだったらアンサンブルの方がより実像を駆り立てて表現できるのに!」ってなツッコミが入れられるようになったのはこのゲームのおかげ!

よくわからない記憶と共に私は生きていきます。

 

そしてやはり動画資料において海外ヌシ様に助けられる。台湾ユーザーさんもいらっしゃるワールドワイドな評価を持つのが英雄伝説か。

 

 

軌跡シリーズ

参考・「英雄伝説 軌跡シリーズ」Wikipedia

参考・「軌跡シリーズポータルサイト」公式サイト

参考・「英雄伝説 軌跡シリーズの年表(劇中)」Wikipedia

 

6作目!新シリーズ開幕す

英雄伝説VI 空の軌跡

「英雄伝説VI 空の軌跡」

2004年発売 PC/Windows

ゲーム情報

ストーリー/エステル無双がはじまる。

 

家の前に倒れていた少年を保護したことから、二人は始まった。

 

そんな聖者にも等しいブライト家で育ったヨシュアと、その家の娘っ子であるエステルは「遊撃士(ブレイザー)」になる修行の真っ最中。

 

だが、

町の少年たちが魔物巣食う洞窟に迷い込んでしまう!手の空いているであろう新米二人によって救出作戦が開始される!(たぶん)

 

だがだが、

何やらキナ臭い事件が立て続けに起こるのだった……

ここからきっと伏線が張り巡らされてあれよあれよと問題が広がっていき、もうその先を教えてくれとばかりに引き込まれていくのだった。

名作っぷり世評

「#空の軌跡の名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 空の軌跡の世論」

 

大河RPGの開幕。

 

空の軌跡FC

こちらが現代にもその活劇を轟かしている「軌跡シリーズ」である。大河というか、「劇中での時間軸はそれほど長くなく数年程度らしい」がとにかく現代に続いているシリーズ。

 

 

ストーリー偏重がもたらした「JRPG永遠の病を発症しない稀有なストーリーRPG」か。

 

 

黎明の国産RPG時代-

客をかっさらわれたドラクエフィーバーの黄金期-

黄金の大波をやり過ごし、乗りこなした新路線-

 

 

ゲームだからゲーム的に面白くなくてはいけない。

でも稼がなくてはいけない。

 

シナリオを緻密に編み込みつつ、

プレイヤーを強引に引っ張りすぎてもいけない。

でも稼がなくてはいけない。

 

 

ドラクエやFFになってはいけない。

 

なぜなら我々はあの日本ファルコムだから。

 

でも稼がなくてはいけない。

 

 

プライドカネがぶつかった「ストーリーRPG」という火花の「種」は、

 

 

00年代の映像魔界化時代を耐え忍び、

むしろそれを土壌にしてひっそりと芽吹き、

 

 

ここに咲き誇った。

 

 

大輪とはいえないが、

それはたしかに綺麗だった。

軌跡シリーズを謳ってみた #1 

 

空の軌跡SC

2006年発売 PC/Windows

 

すべての伏線が回収されるからやらなくてはならない。

とか。

2ではないのだ。後編なのだ。

やるものなのだ。

 

空の軌跡 the 3rd

2007年発売 PC/Windows

 

後日談的な。

だからやるものなのだ。3ではないのだ。

私はやったのだ。

というかこれからやったのだ。

勿論、意味がわからなかった。

売ってたからやったのだ。

 

7作目!刑事ファンタジー登場!

英雄伝説VII 零の軌跡

2010年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

ゲーム情報

 ストーリー/大都市クロスベルの闇は追うな!

 

有象無象の思惑が交通するクロスベル市。

 

平和も富も善意も悪意も一緒くたに存在し、そして飲み込むスケール感から“魔都”と称される。それはかつての上海や香港のごとく。

 

「クロスベル市警・特別支援課」に配属されたロイドとその仲間たちは日々の事件に奮闘中。

 

しかし、

小さな悪意は大きな悪意の血しぶきに過ぎない。

 

彼らはうねりにうねる大都市のしっぽを踏んでしまうのだった……

 

新機軸な刑事アクションを見逃すな!!

 

 名作っぷり世評

「#零の軌跡の名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 零の軌跡の世論」

 

★「ユーザーズチョイス賞!」

※PlayStation Awards

★「一番おもしろかったゲーム2010」の第5位

※電撃オンラインアワード

★「日本ゲーム大賞/2011」優秀賞

参照「Wikipedia」

受賞。

売上とは別に、評価は評価として存在しているわけだ。「評価されたものが売れるとは限らない」ということは「大人になってから2年目くらいに知っておきたいキーワード」第2位だね。

 

英雄伝説VII 碧の軌跡

2011年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

ゲーム情報

 名作っぷり世評

「#碧の軌跡の名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 碧の軌跡の世論」

 

★「日本ゲーム大賞/2011」フューチャー部門

参照「Wikipedia」

「未来へ残る遺産」としてか、「未来を先取りしている」という意味か、「新しいタイプのシナリオ」なのかどうかよくわからないけどとにかく受賞おめでとうございます。

 

 

8作目!ミリタリー学園ファンタジー登場!

英雄伝説Ⅷ 閃の軌跡

2013年発売 PSヴィータ/PS3

ゲーム情報

 ストーリー/鉄血宰相といえば、ビスマルクとモルトケ時代劇。

 

物語の舞台は大帝国のトールズ士官学校。

 

学校内にも、この国に起こっている「貴族派」と「革新派」の争いは存在しており、

白い制服と緑の制服に分けられて互いにライバル視するバチバチの関係を生み出しているのだ。

 

新入生リィンはあることに気づく。

「あれ、オレの服はレッドや。」

 

そのどちらでもない紅色たちがこの国の運命を握る!!!!か???

 

 名作っぷり世評

「#閃の軌跡の名作っぷり」でツイートしてもいいよ

「思い出」「すごさ」「おもしろさ」なんでも。月数万人が見るよたぶん。

「英雄伝説 閃の軌跡の世論」

 

0から1000へ。

それが閃の軌跡。

 

前作シリーズの「零(ゼロ)」から、

なにが「閃(1000)」になったのか?

 

「ただゴロが良いだけだろ」と済ませてしまいたいところだが、

キャッチコピーに据えてしまったのでそれでは済まされない。

 

かといってこのシリーズはまだ完結を見ていない、

2017年現在進行系の最新シリーズである。

 

だからオンラインなどやっていると怒られるハメになるわけだった。

 

英雄伝説Ⅷ 閃の軌跡2

2016年発売 PSヴィータ/PS3

 

なにやらロボロマンスも溢れているらしいね。

 

英雄伝説Ⅷ 閃の軌跡3

2017年発売 プレイステーション4

 

遂に完結する1000シリーズか。

ゼロから1000になったのか?それは2017年9月に明らかとなる。

 

 

だが軌跡シリーズはまだまだつづくぞ!

 

その他のスペシャルコンテンツ

英雄伝説 那由多の軌跡

2014年発売 プレイステーションポータブル(携帯機)

まったく別物らしい。

単品としてはかなり高評価できるが、全くぜんぜん軌跡シリーズではないらしい。よくある話。なにがしたくて作ったのか。

参考・「タイトルで名作になれなかった不遇のアクションRPG「那由多の軌跡」」androgamer.net さま

 

英雄伝説 暁の軌跡

2016年発売 オンライン

怒られるオンライン。

「早くストーリーをやれよ」と愛の叱咤を受け続ける、それこそが英雄伝説-軌跡シリーズがつづく理由なのかもしれませんね。

 

 

やればたちまちストーリー中毒必死。

 

 

名キャラ列伝

セリオス

セリオス「PCエンジン版ドラゴンスレイヤー英雄伝説Ⅱ」

よくライアスの目を盗んでは、趣味のスライムいじめに興じていた。

参照「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」Wikipedia

これは本当だろうか?

というかウィキペディアの仕事じゃないでしょこの書き方はこれは全くオレの仕事でしょウィキペディア崩しはオレのでしょ全く。

もうちょっとちゃんと真面目に書いてほしい。

 

エステル・ブライト

エステル無双1/「英雄伝説 空の軌跡 」

色気はないが素材は良し。

と評されているシリーズの爆弾娘。

 

軌跡シリーズ第一作目のメインヒロイン様であらせられよう。この「ストーリー至高タイトル」においてさえその存在感は際立っており、

 

「ハリウッドのトップ女優クラスなビッグネーム」であると捉えてもらって差し支えない。

ジャッキーとかと同枠なアクション・スター枠

エリィ・マクダエル

エリィ・マクダネル/「英雄伝説VII 碧の軌跡」

「おっきい」オパーイが武器。

大都市クロスベルの「市長令嬢」にして「市警」というところも武器。一方で、「幽霊などのホラーが苦手属性」を備えているのも武器だ。

もう武器しか搭載していないんだこの子は。

 

やたらめったら武器なんだどうしてくれようよろしくお願いします。

m(_ _)m

 

デッサン力が非常に高い絵師さんに描かれたこともあって、

そのグラマー度はRPG史上最高峰とまで云われている。

 

たとえ云われていなくともボクが言うよ。

ボクが言うから。

史上最高だって。

 

ボクが言うから。

 

 

いま「英雄伝説」を楽しむなら?

やっぱり「空の軌跡FC」からでしょ!

ガガーブトリロジーも古典的なRPGとしてキレイに纏まっているけれど、

英雄伝説といえばもはや軌跡シリーズとなっている以上、

その原点となれば

 

★「空の軌跡FC」であり、続編の「空の軌跡SC」となるだろう。

PS3版

英雄伝説 空の軌跡FC:改 HD EDITION

アマゾン・アソシエイトリンク

PSヴィータ版

英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution - PS Vita

アマゾン・アソシエイトリンク

 

なんとPS3版(据え置き機)PSヴィータ版(携帯機)も出ている(FC、SC、3rd連作で)!

 

PSP版とドチラにするかは「持っているハードで決めて良い」と思うね。どのハードもあるならば、自分はPSヴィータ版にしとく。新しいし。いわゆる近代改修されているらしいし。評価高いし。

 

それらが気に入れば「次」が出てくるというわけで、

 

その時はこの記事を思い出してなにをやればよいのか確認していただくというわけですな。

またのご来店をお待ちしておりますありがとうございました。

 

まとめ

エステル無双2/「英雄伝説 空の軌跡」

0から1000のキセキ

 

日本に「RPG」という文化を「0」から根付かせたファルコムたち黎明期の国産RPGたち。

 

ドラゴンクエストの登場で変わった世界もみた。

「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」が生まれた。

 

ドラクエフィーバーによって飛躍した黄金時代もあった。

「英雄伝説シリーズ」が生まれた。

 

その空が落ちてしまった映像化暗黒時代もあった。

「軌跡シリーズ」が生まれた。

 

 

全部を知ってるゲームシリーズ。

 

 

ミスター・名作RPGシリーズである。

 

 

今日の日が1000だとしたら、

まさに「0から1000の軌跡」を描いているのがこのシリーズ。

仮にね。仮に1000だとしてね。

 

そんなことでうまいこと言っておきましょう。

 

 

さあ飛ぶぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

これにてRPGのルーツをみたり。

 

このタイトルが鍵だったようだ。

全てのピースが合わさったんだ。

 

ボクはこの場所だったんだ。

 

この場所に来るべきだったんだ。

この場所だったんですよミスタ。

この場所が良かったんだ。

 

太古の時代のRPG、

前夜のRPGファルコム諸島、

 

 

その時代は確かにここにあった。

 

だがもうない。

 

 

時代は今も進んでいるから。

 

 

だからボクもいこう。

あの暗黒の映像化時代、

00年代の空へ。

 

この冒険録を広めよう!「妙な語り口で広められた」って広めよう!

 

 

-90'RPG黄金の時代, 前夜のRPG, 新世紀RPG, 日本のRPG草創期, 映像化暗黒時代RPG
-, , ,

フライングニートマン・どらくも

書いたヒト:

ゲームをプレイしないことで有名なゲームライター。1988年生まれでドラクエ6及びFF7の両翼に導かれた世代。最もプレイしたRPG3選といえば「テイルズ」「ドラクエ」「幻水」。ただ「RPGの歴史を追ったもの」とだけ今は記しておこう……。

※別サイトでメンゴ

日のアクセス数4のころに挑戦してみたらOKだったサイト様
【ヘタレハンター乙ブログ】

主張論に最初のお世辞をいただいた優しいサイト様
【リド・カインの自作ゲーム日記】

これ以上正々堂々としたレビューサイトを私は知らない
【主観的ゲームレビュー】